歩きながら食べるのは行儀がわるい?

いろいろな国に旅行に行きましたが、どの国でも共通しているのが、
「屋台がたくさんあり、人々が買ったおやつやファストフードを、歩きながら食べている」のをよく見る、ということです。
フランスやイタリアなどの西洋圏の国では、パニーニやパンやジェラートなどを、歩きながらおいしそうに食べていますし、アメリカなどの欧米圏では、ハンバーガーやホットドッグ、さらには、最近アメリカ人に人気なのが「エダマメ」だそうですね。
枝豆も、歩きながら食べられるから、人気があるんだそうです。
でも、日本では「歩きながらものを食べている人」って、あまり見かけませんよね。
なぜでしょう?
外国ではできても、日本で同じことをすると「行儀が悪い」と思われるかもしれませんね。

関連リンク
ベジーデル酵素液でキレイに痩せよう

それに、日本には諸外国のように、あちこちに小さな屋台や出店がない、というのも一因かもしれません。日本はいちいち申請が必要ですからね・・・。
日本人は、どちらかといえば、座ってゆっくり食べたい国民なのかもしれません。
普段忙しく働いているのだから、食べるときくらいゆっくりしたい!というのが本音なのかもしれませんね。

Filed under: 日記帳 — b2bhelps 11:18 PM